アプリの需要

携帯電話の市場はスマートフォンがメインになりました。フィーチャーフォンの売り場はどんどん狭くなっています。それに伴いスマートフォンアプリ開発に従事する人が増えています。スマートフォンの所持者が増える事をビジネスチャンスと考えいるからです。 スマートフォンアプリ開発で用いられる言語は、習得が簡単な事で有名です。だから今までプログラミング言語を習った事のない人が、スマートフォンアプリ開発に参加するケースがよくあります。 今後もスマートフォンアプリ開発の需要は高まり続けます。そして便利なソフトを利用したいと考えるユーザーが、スマートフォンを持とうとする事は間違いありません。機器の購入とアプリ開発はどちらが欠けても成り立たないという事です。

初心者が参入する事でスマートフォンアプリ開発の分野は、間違いなく活性化しています。しかしアイディア商品であるため、プロの技術者の立場が危うくなっているのです。スマートフォンアプリ開発では、必ずしも高い技術力がものを言いません。要望に応えて完成度の高いソフトウェアを作れても、この先の生存競争で淘汰される恐れがあります。 根本的な原因はスマートフォンの利用者が、ライトユーザーばかりだという事です。多くのライトユーザーはアプリケーションの機能を、フル活用できる能力がありません。限られた機能だけを使う事で満足します。いくら多機能や便利さをアピールしても、見向きもされない場合があるのです。今後はユーザー視点に立った開発力が求められると言われています。